節約しながら家族で楽しくお出かけしちゃおう!

私達夫婦と子供2人の4人家族で生活をしています。

長男は小学生なので遊び盛りです。

同級生も家族でおでかけをしたお話をするみたいですが、正直我が家には旅行や毎週末に外食やレジャー施設に連れていく余裕なんてありません。

「電気つけっぱなしにしない!」

「必要ない物は買いません!」

など、恥ずかしながら普段子供にはかなりのうるさく注意をしています。

なので長男も何となく「連れてって」とはあまり言いません。

だから、何とか家族で遊んで楽しくでかけたいと常々思っていました。

そこで考えた節約おでかけ術!

1つ目は、公園でピクニックです。

暖かく季節になると公園で過ごすのも良い物です。

キャッチボールやバトミントン、サッカー、バレーボール、広い公園では沢山走り回れ普段家ではできない遊びができます。

一杯遊んだ後は、朝から子供と手作りしたお弁当タイム。

お弁当も簡単物で構わないのです。

子供と一緒におにぎりを作ったりしていつもと違う事をするだけで子供は喜びます。

後は、卵焼きやウィンナーなど簡単なおかずを少し詰めるだけです。

勿論飲み物も持参です。

コンビニや自動販売機で買ってしまうと高い上にすぐなくなってしまいますからね。

2つ目は、光熱費節約にも繋がります。

夏や冬になると光熱費が高くなりますよね。

外出して家を空けることで光熱費の節約にもなります。

そこで行くのがウィンドウショッピングです。

外にいるのが辛い時は室内で快適に過ごしたいですよね。

ただのウィンドウショッピングだとまだ小さい子供は空きてしまいます。

だからお休みの日こそ、電車に乗ったりしていつもと違う少し遠出したウィンドウショッピングだと子供のテンションも上がりやすいです。

大型の無料施設が解放されていたりする場所もあったりするので子供も喜びます。

3つ目は体験施設です。

私も知らなかったのですがネットなどで調べると意外と多くあるのです。

多感な子供にはとてもいい経験をさせられるでしょう。

ただ年齢制限があったり、無料の範囲と有料の範囲があったりと施設によって様々なので下調べをすることをオススメします。

VISAデビットカードを使って節約意識を高める

先日、オークションサイトへの登録の際に必要だという話を聞いたので初めてネット銀行に口座を作ることにしたのですが、その際、キャッシュカードがVISAデビットカードとしても使えることを知りました。CMなどでは「VISAデビット♪」でお馴染みですが、実際に使ったり調べたりしたことはなく、恥ずかしながら口座開設後に改めて調べてみたところ、節約ライフを目指し始めたばかりの私にとっては非常にありがたい存在ではないかと感じるようになりました。

 私はこれまでクレジットカードというものを作らずに生きてきました。というのも(これは今後も気を付けなければいけないことですが)物を買った後に残高をチェックするという習慣があまりにもついていなかったからです。まだ大丈夫かな?と思っていても、ふと気がつくと残りの金額があと僅か……なんてことを頻繁に繰り返している私がクレジットカードなんかを持ってしまったら、一気に破産街道を進んでしまうことは明白です。しかし、このデビットカードを持っていれば口座に預けている金額=仕様上限となるため、使いすぎを簡単に防ぐことができます。また、スマホアプリを登録しておけば残高も簡単に確認することができるようです。これがありがたい。つまり、貯金をした後に今月最低限使える金額だけを口座に預けておいて、その中でやりくりするように使えばしっかりと貯金もできそうですね。私はこのカードを使い始めてもうすぐ3ヶ月……まだまだこれからですが、このカードを使い始めるようになってから以前はほとんどできなかった貯金が何と月2万!余計にできるようになりました。食費などを制限し始めたこともあるのでしょうが……ただ、間違いなく効果はあると思います。本当にありがたいです、デビットカード。

無理しすぎないで行うことが理想の節約方法

細かな貯蓄や計算は苦手なので大雑把にですが毎月必ずかかるお金を主人のお給料の中から抜き、余ったお金で今月はいくらくらい使えるのかとどのくらい貯金ができるのかを考えています。貯金すると決めたお金にはできるだけ手をつけず使えるお金の中から少額でもお金を余らせることができると達成感もあり次の月の節約にもやる気が出てきます。

子供が二人いるので学校費のほかに習い事や塾代にもお金がかかり食費も子供たちが小さいときに比べればかなりお金がかかるようになったので生活費の中で一番お金がかかる食費はまとめ買いをしてお肉は冷凍しておいたり安い豆腐や納豆などは必ず冷蔵庫にストックしておく、急に必要になった時の昼食のために冷凍パスタを準備しておくと作る手間も省け家族も喜んでくれるので必ず冷凍庫にはストックしておき無駄な出費を省いています。

これからどんどん食費も今以上にお金がかかるようになるので安い食材でも美味しく食べることができる料理を作り食材を余らせたり腐らせたりしないように使い切ることも節約になるのでできるだけ行っていきたいです。あまり我慢ばかりすると節約も貯金も嫌になってしまうので外食に行くときは好きなものを食べたり時々は子供たちが好きなおやつを買ってあげるなどあまり無理しすぎないで行う節約と貯金が理想だと思っています。

リスクの少ない外貨建て年金保険

アルバイトをして

コツコツ貯めたお金が

100万に達しました。、

何か記念にというか、区切りとして

少し利率の良いものがないか

窓口に相談しました。

当初は定期預金のつもりでしてが

今のご時世、本当に雀の涙ほどの金利なので

思い切って違うものに

チャレンジすることにしました。

まず、絶対条件として

損はしたくないので

リスクは高くなくて

安定感のあるもので相談しました。

アルバイトの収入も、そんなになかったので

何かあった時のための保険として、

そして、少しのお楽しみも、やはり欲しいですよね。

窓口の方が勧めてくれたのは

オーストラリアドル建ての年金型保険でした。

当時、オーストラリアドルは

とても安定していましたので

リスクが少なかったのです。

まず、100万円を預けて

オーストラリアドルが上がれば

元金が増えていくというものです。

そのとき、ターゲットを決めます。

私は110パーセントに設定しました。

これは、預けた100万円が110万円になったら

ストップするというものです。

10万円の利子がつけば

かなり大きいですよね。

そんな無欲が功を奏したのか

一ヶ月で

目標金額に達してしまいました。

今思うと、120%くらいに設定しても良かったかなぁ

なんて思ってしまいますが。。

そして、その110万円は

5年後に、毎月年金として口座に振り込まれます。

また、機会があれば、チャレンジしてみたいですね。

ちょっとワクワクしますよ!

古くなった天ぷら油はチャーハンで再利用

揚げ物料理で私がやっている節約は、残った油を捨てずに野菜炒めの油やチャーハンなど、

他の料理に使うことです。

以前は、古くなった天ぷら油をだらだらーっとキッチンペーパーに含ませて捨てていまし

た。その際誰かがビニール袋を押さえていてくれないとうまく入らなかったことも。

そうするとキッチンペーパーを買わなくてはいけません。

そこで私が思いついたのが、古くなった揚げ油は天ぷら鍋にそのままにしておき、(容器を

別のものに移し代えると、熱い場合だととっても危険なので)冷えたら菜箸でちょっとずつ

フライパンに移します。フライパンが熱くなると油は伸びて広がってくれますのでそんな

に多くなくて十分です。チャーハンの時は油が多いとご飯が油を吸ってくれて、目茶苦茶美

味しくなりますが。

揚げ物料理の順番も大事です。新しい油の時の料理は、天かすがでないポテトや茄子の素揚

げ。次に唐揚げ。

このように何回か使ったらかき揚げ、そして最後にとんかつなどのフライ料理。少なくなっ

た揚げ油に新しい油(同じ種類)を足すのもOKです。でもその時は必ず油が冷えている時

に限ります。

揚げあがった料理はキッチンペーパーにのせていましたが、それもやめました。

金属のトレーに金網がついているものにのせています。見た感じまるでお店屋さんのよう。

天ぷら鍋の古くなった油を炒め物に使うと再利用できて節約になり、また油を捨てずに済

むのでごみ削減にもなっています。

思い切って住宅ローンの借入先の銀行を変えたらローンが激減

子供が二人おりこれから学費も本格的にかかってくること、家のローンや私たち夫婦の老後のためのお金など我が家はこれからが一番お金がかかる時期に入るので日々少しでも節約していこうと努力しています。

毎日の中で一番早く節約できるとことは水道やガス、電気などの公共料金や食費の見直しなどになりますが子供が大きくなるにつれて食費は多くかかるとようになりお風呂も別に入ったりスマホが必要になるなど出費は増えていく一方なので少しだけでも節約できるように週に一回、自転車で行ける距離にある安いスーパーでメイン食材のお肉や魚などはまとめ買いしています。特にお肉は必要不可欠な食材なのでお徳用台パックを3パック程購入しそこからメニューを決めるようにしています。

メインのメニューを一つに絞り副菜としてお豆腐や納豆など、品数を多く出し満足できる食卓になるように工夫しています。そして我が家にとって大きな節約になったのが昨年、主人の会社の取引先の方の勧めで初めて行ったのが住宅ローンの借入先を変更です。私一人ではもちろんできませんでしたがわからない主人にも丁寧に説明してくれたようで銀行を変えるだけで毎月2万円ほど支払金額が少なくなりました。

この浮いたお金もそのまま貯金することはできず子供の塾や習い事のお金に消えてしまいますがこれからもす少しでも節約していける部分を見つけ我慢せず節約をしていきたいと思っています。