古くなった天ぷら油はチャーハンで再利用

揚げ物料理で私がやっている節約は、残った油を捨てずに野菜炒めの油やチャーハンなど、

他の料理に使うことです。

以前は、古くなった天ぷら油をだらだらーっとキッチンペーパーに含ませて捨てていまし

た。その際誰かがビニール袋を押さえていてくれないとうまく入らなかったことも。

そうするとキッチンペーパーを買わなくてはいけません。

そこで私が思いついたのが、古くなった揚げ油は天ぷら鍋にそのままにしておき、(容器を

別のものに移し代えると、熱い場合だととっても危険なので)冷えたら菜箸でちょっとずつ

フライパンに移します。フライパンが熱くなると油は伸びて広がってくれますのでそんな

に多くなくて十分です。チャーハンの時は油が多いとご飯が油を吸ってくれて、目茶苦茶美

味しくなりますが。

揚げ物料理の順番も大事です。新しい油の時の料理は、天かすがでないポテトや茄子の素揚

げ。次に唐揚げ。

このように何回か使ったらかき揚げ、そして最後にとんかつなどのフライ料理。少なくなっ

た揚げ油に新しい油(同じ種類)を足すのもOKです。でもその時は必ず油が冷えている時

に限ります。

揚げあがった料理はキッチンペーパーにのせていましたが、それもやめました。

金属のトレーに金網がついているものにのせています。見た感じまるでお店屋さんのよう。

天ぷら鍋の古くなった油を炒め物に使うと再利用できて節約になり、また油を捨てずに済

むのでごみ削減にもなっています。